アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガー症候群が遺伝する確率は?

スポンサーリンク

>>アスペルガー症候群は遺伝しますか?<<からの続きです。

アスペルガー症候群は遺伝します

アスペルガー症候群は、広汎性発達障害の一種と言われているわけですが、元々広汎性発達障害自体が遺伝的な要素が強いと考えられているわけであります。

ということは、アスペルガー症候群もまた、100%ではないにしても遺伝すると考えるべきです。

遺伝する障害を持った方が結婚を考えた時、将来子供を作るかどうかということは、非常に繊細な問題になってきますよね。

もし仮に、ご自身やそのお相手の方がアスペルガー症候群だったり、どちらかの家系の中にアスペルガー症候群の人が存在した場合、生まれてくる子供もアスペルガー症候群になる可能性をしっかりと考慮すべきだと思います。

高い確率が想定される遺伝

子は鎹(かすがい)などという言葉がありますが、子供が障害を持って生まれてきたりしますと、鎹どころの話ではなくなるケースの方が多いですし、子供が将来、社会に適応できなくて引き篭もりになったり、うつ病を発症するようなことも想定する必要があるかもしれません。

間違いなく、相当な覚悟は必要ですよね。

アスペルガー症候群の医療に携わる研究者の間では、アスペルガー症候群は遺伝する確率は、かなり高いものがあると考えている人の方が多い傾向にあります


アスペルガー症候群が遺伝するのかどうかということを考えた場合、その遺伝子の存在が気になるところではないでしょうか?。

ところが今現在、遺伝に関する研究は著しく進歩している中にありましても、アスペルガー症候群の遺伝子は見つかっておりません。

また、アスペルガー症候群の原因となるような毒素もまた見つかっているわけではありません。それでもなお、家系の中にアスペルガー症候群が存在する場合は発現する確率が高くなっているという現実があります。

ただし、アスペルガー症候群も含めて発達障害が発現している人は日本人の中では20%という数字だそうです。この数値だけ見てしまいますと、それほど遺伝する確率は高くなさそうにも思えるのですが、こればかりは難しい問題ですね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク