アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガー症候群のチェック方法とは?

スポンサーリンク

診断の難しいアスペルガー症候群の診断

アスペルガー症候群の人というのは知的障害があるわけではありませんし、また言語発達が遅れて会話する言葉に不自由しているわけでもありません。

そのために自閉症とは違って、アスペルガー症候群かどうかということは、少しの接触くらいでは判断できるものではありません

それではどのようにして判断したらよいのでしょうか?アスペルガー症候群かどうかをチェックするためには三点のチェックすべき項目があります。その三点の項目とは下記の通りです。

【アスペルガー症候群のチェック項目】
(1)社会性
(2)言語発達・コミュニケーション能力
(3)行動

アスペルガー症候群の特徴

それではここで、上記三点のチェック項目について個々にご説明してみたいと思います。

(1)社会性
アスペルガー症候群の最も判別しやすい特徴に「社会性」があります。といいますのは、アスペルガー症候群の人というのは、社会生活を営む上での適応能力が著しく欠けているのです。

例えば、友達と遊んでいたとしても友達の輪に加わって同じような行動をすることができないとか、それまでとは違った行動に移ることができない、仲良く遊ぶ上でのお約束事を守ることができないなどの特徴もアスペルガー症候群の判断基準の一つになります。


(2)言語発達・コミュニケーション能力
アスペルガー症候群の人は知的障害があるわけではありません。ということで言語発達に遅れがあるわけではありませんので言葉を駆使することは普通にできるんですね。

ただし、言葉を駆使することと会話する能力は別問題です。会話する能力があってこそ、他の人とコミュニケーションをとることができるわけであります。


アスペルガー症候群の人は、このコミュニケーション能力が決定的に欠けていたりします。そのために、相手の話している内容の趣旨が理解することができなくて、ズレた内容の応答をしてしまうことが多いんですね。

相手との会話が、しっかりと成立しているかどうかもアスペルガー症候群の判断基準の一つになります。


>>アスペルガー症候群を見極めるために<<に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク