アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガー症候群の良き理解者になりましょう

スポンサーリンク

>>確立されていないアスペルガー症候群の治療方法<<からの続きです。

確立されていない治療方法

発症するメカニズムが解明されているとは言いがたい状況下にあるアスペルガー症候群は、確固たる治療方法もまた確立されているわけではありません。

そんな治療方法が確立されていない中にあって、アスペルガー症候群に対してどのように向き合っていったら良いのでしょう?


もっとも望ましいと思われる方法は、アスペルガー症候群のことを周りの人間が、しっかりと理解してあげることです。要するに良き理解者になってあげてほしいのであります。

何かに失敗したからといって、叱責してしまうと不信感を植え付けることになります。そんな状況に追い込んでしまったら、不登校になる可能性も出てまいります。

けっして譲歩することなく子供の自尊心は、尊重してあげることは非常に大切なことなのです。なぜそういう行動をするのか?なぜそのようなことを言うのか?その根本にあることを理解してあげましょう。

得意分野を伸ばしてあげる

アスペルガー症候群の人の特徴の中に、ある限定されたものに深く関心を持つということがあります。そんなことからアスペルガー症候群の人は、規則性のあるものが得意だったりします。

普通の子供の教育でも得意とするものをの伸ばしてあげることは大切ですが、アスペルガー症候群の人はさらに重要なポイントになってまいります。

周りにいる人間が、しっかりと評価をしてあげてサポートするようにしましょう。アスペルガー症候群の人に場合、時折見られるわけでありますが、得意分野を伸ばした結果、芸術家になったというお話もあります。


周りにいる人間が理解してサポートをすることで、その子供の色々な可能性が広がってまいります。是非、様々な社会的経験をさせてあげてほしいと思います。

理解してしっかりとサポートしてあげること、それが最も望まれる治療方法になるのではないでしょうか?

けっして、アスペルガー症候群の子供を孤立させてはいけません。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク