アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

ADHDとアスペルガー症候群の違いとは?

スポンサーリンク

注意欠如・多動性障害のADHD

ADHDとは注意欠如・多動性障害のことで、その症状として多動性や不注意、あるいは衝動性を特徴とする発達障害及び行動障害ということになります。

一方、アスペルガー症候群は知的障害を伴わない自閉症などという形で表現されたりします。

言葉の遊びではありませんが、このように並べて見ますと何やらADHDとアスペルガー症候群は同じような病気に見えてしまうかもしれませんね。しかしながら、やはりそこには微妙な違いが存在するわけであります。

ここでは、ADHDとアスペルガー症候群の違いについて取り上げてみたいと思います。


ところでADHDとアスペルガー症候群を比較した場合、専門家でもハッキリと見極めることができなかったりするケースもあるということなんですね。しかしながら両者を比較した場合、決定的に異なる点が一つあります。

ADHDの特徴には、一つのことにしっかりと何かのことに注意を向けることができなかったり、落ち着いてイスに座っていることも難しかったりするなどがあります。また、突然自分勝手なことを始めたりすることもあります。

例えば、他の人間が整列しているにも関わらず、順番を守ることができないで割り込みすることを当たり前のように行ってしまったりするのです。これが、ADHDの特徴的な行動なのであります。

特定の分野に才能を発揮するアスペルガー

それに対して、アスペルガー症候群の人というのは、固定された概念や執着心が強かったりして、ある特定の分野に対して、他の人間からすれば異常と思えるほど好奇心や関心を持ったりするのであります

したがいまして、アスペルガー症候群の人は、何回も同じことを繰り返して実行するような動作であったり、あるいは作業というものが得意であるという特徴があるのです。ADHDとアスペルガー症候群の決定的な違いはここにあるわけですね。


ある一つのことに落ち着きを持って対処することができない、じっとしていることができないADHDに対して、アスペルガー症候群の人は、本人の興味があるものに限定されてしまうかもしれませんが、特定の事に異常と思える程の執着心を見せたりするのであります。

ADHDにしてもアスペルガー症候群にしても、周囲に人間というのは、この病気に対しての理解が非常に大切なのです。ただ単に「落ち着きがない」とか「空気を読めない」などと一方的に糾弾するのだけはやってはいけないことなのであります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク