アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガーは遺伝するのかどうか?その確率って高いの?

スポンサーリンク

遺伝するアスペルガー症候群

アスペルガー症候群と言いますと、生まれながらにして身体に備わってしまった先天性の脳の障害と考えられております。

したがいましアスペルガー症候群は、先天性の脳の障害なわけですから、後天的な要素である誕生してからの親の育て方に問題があって発症するというような病気ではないことになります。

そしてこのような脳の障害というのは、遺伝的に要素が強いと言われておりまして、もし系譜の中にアスペルガー症候群の人がいたとすれば、この病気が遺伝する確率は高くなってしまうでしょう。

率直に言いましてアスペルガー症候群は、遺伝するのであります。もし、父親もしくは母親がアスペルガー症候群ということであれば、遺伝の問題は厳然と存在することになるでしょう。

ただし、当たり前のことではありますが、遺伝的な要素の強い脳の障害であるアスペルガー症候群ではありますが、だからと言って100%遺伝すると決まっているわけではありませんからね。

環境に影響されると主張する専門家

前述した通り、アスペルガー症候群は先天性の脳の障害と言われているその一方で、実は教育方針や育てられて環境にも影響を受けると主張する専門家もいるんですね。

具体的に言えば、幼少に過剰なストレスを受けることで発症する確率が高くなりという主張なのです。

例えば、両親の夫婦仲が悪かったりして喧嘩ばかりしている姿を見せていると、そんな過程で育てられた子供はアスペルガー症候群になりやすいということなのです。

さらに言えば、父親か母親がいないことから放置気味に育てられた子供、そして虐待されて育てられてた子供も危険だというのです。

以上のように、一部の専門家の間では遺伝的に要素よりも環境に大きく影響を受けるという考え方が存在するのであります。

ただし、このような主張をする専門家も遺伝的な要素を否定しているわけではないことは明記しておきたいと思います。

療育が大切なアスペルガー対策

アスペルガー症候群は、自閉症の一種であり広汎性発達障害に分類されております。このような障害を持っていまれてしまった子供は、将来自立できるようにできるだけ早い段階から生活の指導を行ってくれる正しい療育を受けることが大切です。

ちなみに療育とは、障害を持って生まれてきた子供が、社会的に自立することができるように実施される医療と保育のことになります。

早い段階から、このような專門の療育を受けることで、将来的にも社会的に自立することは可能なのであります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク