アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガーだと恋愛できないの?それとも恋愛できる?

スポンサーリンク

恋愛を諦める必要はありません

世の中的にはアスペルガー症候群だと、恋愛できないという風潮があるように思いますが、実際には恋をしてしまえば、そんな風潮があっても熱き気持ちを抑えることはできないでしょう。

そして実際に、アスペルガー症候群でも恋愛を享受している方はいますし、さらに言えば、幸せな結婚生活を送っている方がたくさんいらっしゃいます。

ということでハッキリと言わせていただきますが、アスペルガー症候群だからと言って恋愛を諦める必要はありません。

しかしながら、そう言ってもアスペルガー症候群の方が恋愛をするにあたっては、厳しい現実にぶち当たる覚悟は必要かもしれません。でも、ハードルの高い恋愛の方が燃えることも少なくありませんからね。

察することができない相手の気持ち

アスペルガー症候群の人の特徴には、相手の人の気持を理解できないとか、察することができないというものがあります。

本来、恋人同士というのは理解し合うことは非常に重要な要素になるはずですが、アスペルガー症候群の人には、この部分が決定的に欠けているのであります。

その結果として、あまり考え無しで放つ言葉が相手を深く傷つけてしまうことが少なからず発生するわけですね。

仮にその一言で相手が深く傷ついて怒ったり、あるいは泣いたりしても、その理由を理解することができないのであります。

会話が成立しない可能性があります

アスペルガー症候群の人は、コミュニケーション能力に欠けるという特徴もあります。コミュニケーション能力が欠けているということは、好きな相手との会話が成立しない可能性もあるわけですね。

会話が成立しないくらいであれば、まだよいのかもしれませんが、相手の気持ちを察することができないことから、不快な質問を発することも考えられます。

また、自分の話を一方的にまくしたてて、相手を退屈な思いをさせてしまうこともあるでしょう。要するに普通の恋人同士であれば、楽しい語らいの一時を持つことができない可能性が高いということになりますね。

重要なポイントとなる相手の理解

前述した通り、アスペルガー症候群の人が恋愛をするには、かなり厄介な障害が目の前に横たわることになります。

それを乗り越えて恋愛が成立する条件としましては、何よりも相手がアスペルガー症候群のことを理解してくれるかどうかにかかってくるのでしょう。

もし、相手がアスペルガー症候群のことを理解してくれなかったり『私には無理』と拒絶されるようであれば、その時点で恋愛は成立しないでしょう。

もし、アスペルガー症候群のことに理解を示す相手と出会うことができれば、恋愛することに対して障害はなくなりますね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク