アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガー症候群の治療で処方される薬とその効果

スポンサーリンク

アスペルガーの治療で処方される薬

もし仮に、病院に言ってアスペルガー症候群と診断された場合、薬物療法が実施されることがあります。

それでは具体的に、アスペルガー症候群と診断されて薬物療法が実施された場合、土のうような薬が処方されるのでしょうか?

アスペルガー症候群の症状を軽減させるために処方される薬には、下記のようなものがあります。

・エビリファイ
・ジェイゾロフト
・トレドミン

薬物療法で処方される薬の効果

前述した通り、アスペルガー症候群の治療で処方される薬には「エビリファイ」「ジェイゾロフト」「トレドミン」などがあるわけですが、実はこれらの薬はアスペルガー症候群を治療するための専用の薬というわけではありません。

これらの薬について具体的に説明しますと、エビリファイという薬は精神面に働きかけて穏やかな気分にさせてくれる効果があることから、うつ病の治療で処方されることがある薬なんですね。

またジェイゾロフトとトレドミンにつきましては、憂鬱な精神状態を和らげて、意欲の向上を図るための薬でありまして、こちらもやはり、うつ病の治療において処方されたりするのであります。

薬では治せないアスペルガー症候群

実のところを申しますと、アスペルガー症候群は薬物療法では治すことができないと言われているんですね。

そもそものお話、アスペルガー症候群に関しましては詳細な発症メカニズムが解明されているわけではないのであります。そんなことから、アスペルガー症候群を根本から治すような治療の方法が確立されていないのです。

アスペルガー症候群になる原因が分かっていないのに、適切な治療方法が確立できるはずありませんからね。

うつ病の発症に気をつけましょう

アスペルガー症候群の人の特徴は、周囲の空気を読むことができないとか、コミュニケーション能力に欠けることから、自分の気持ちを人に伝えることを苦手としています。そんなことから、周囲の人間とトラブルを起こすことが少なくありません。

このようなストレスが溜まる日常を過ごしていますと、不安な気持ちが強くなって、うつ病を発症するケースはよくありがちなことなんですね。

ハッキリと言わせていただきますが、アスペルガー症候群の人は、うつ病を発症する確率が一般の人よりもはるかに高いのであります。

したがいましてアスペルガー症候群の人は、うつ病の予防に心がける必要があるんですね。そういった意味でも、前述したような薬が処方されることがあるわけですね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク