アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガー症候群の人でもできる仕事ってありますか?

スポンサーリンク

仕事が長続きしないアスペルガー

アスペルガー症候群の人の特徴と言いますと、その代表的なものに人とコミュニケーションを取ることを苦手としていることを例としてあげることができます。

そして仕事に関してなのですが、こちらの方は円滑に業務を遂行していく上では、そのコミュニケーション能力が非常に重要なポイントになってくるわけであります。

この両者を対比した場合、やはりアスペルガー症候群の人というのは、仕事を行っていく上で、様々な軋轢が発生して長続きしないケースが少なくないわけなんですね。

そんな事態を避けるためには、アスペルガー症候群の人でも長く続けることができるような、向いている仕事に従事するべきでしょう。

それでは具体的に、アスペルガー症候群の人でも長く続けることができる向いている仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

アスペルガー症候群でもできる仕事

アスペルガー症候群の人に向いていて、長く続けることができる仕事としましては下記のようなものを例としてあげることができるでしょう。

・パターン化された仕事
・視覚で認識できる仕事
・集中して行う仕事
・臨機応変な対応が必要のない仕事

以上のような内容の仕事が、アスペルガー症候群の人に向いている長続き可能と思われる仕事の内容になります。

そして実際に、このような内容に即している仕事と言いますと、「コンピュータプログラマー」「エンジニア」「デザイナー」「図版設計者」「小工具修理師」「動物調教師」「図書館員」「学者」などがあります。

これらの中でも、特にアスペルガー症候群の人に向いていると言われている仕事は、「コンピュータプログラマー」と「デザイナー」になります。

アスペルガーの人が避けるべき仕事

上記のような仕事は反対に、アスペルガー症候群の人が避けるべき仕事としましては、「ウェイトレス&ウェイター」「営業」「電話オペレーター」「旅行代理店」などがあげられます。

これらの仕事は、いずれも臨機応変な判断が必要となる仕事になりますから、アスペルガー症候群の人は避けた方がよいでしょう。

当然のことながら、人はそれぞれ“職業選択の自由”というものがありますので、どのような仕事に従事してもよいのですが、しかしながら、その仕事が長続きしないようであれば、キャリアが身につかないことになります。

同じ仕事をするのであれば、やはり長続きできる仕事に従事するべきですよね。ぜひ、自分に向いている仕事を選んでいただければと思います。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク