アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

大人や子供でも共通するアスペルガー症候群の人の特徴

スポンサーリンク

知的障害が見られないアスペルガー

アスペルガー症候群は、広義的な意味では自閉症の一種と言えるのでありますが、世の中で一般的に呼ばれている自閉症と比較した場合、大きく異なっている点があります。

それが何かと申しますと、アスペルガー症候群の人には知的な障害が見られないという点になるんですね。

そんなことからアスペルガー症候群は、“高機能自閉症”と言われることがあります。このように、知的障害が見られないアスペルガー症候群の人というのは、一見するだけでは障害のない人と見分けることができないんですね。

しかしながら、それでもやはりアスペルガー症候群の人には独特の特徴があります。それでは具体的に、アスペルガー症候群の人の特徴にはどのようなものなのでしょうか?

アスペルガー症候群の人の特徴

アスペルガー症候群の人の特徴としましては、下記のようなものをあげることができます。

・人とコミュニケーションを取ることが難しい
・人の気持ちや考えを読むことができない
・臨機応変に柔軟な対応ができない
・ある特定の分野に対して異常なほどの興味を示す
・整理整頓を苦手としている
・計画の立案を苦手としている

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・人とコミュニケーションを取ることが難しい・・・アスペルガー症候群の人の一番の特徴と言ってよいかもしれませんが、アスペルガー症候群の人は周囲の人とコミュニケーションを取る能力が非常に低いのであります。

・人の気持ちや考えを読むことができない・・・アスペルガー症候群の人は、人の気持ちや考えを読むことができません。そんな空気を読めない言動のせいで、相手を怒らせたり失望させてしまうことが多いのであります。

さらに問題なのは、なぜ相手が起こったり失望したりするのかについて理解できない点にあります。これでは、人間関係が上手くいくはずがありませんね。

・臨機応変に柔軟な対応ができない・・・アスペルガー症候群の人は、その状況に合わせた臨機応変に柔軟な対応を取ることができません。

・ある特定の分野に対して異常なほどの興味を示す・・・アスペルガー症候群の人は時として、ある特定の分野に異常なほどの興味を示すことがあります。そんなことから、その分野においては飛び抜けた能力を発揮することもあります。

・整理整頓を苦手としている/・計画の立案を苦手としている・・・アスペルガー症候群の人は、整理整頓を苦手としていたり、計画の立案が苦手という特徴もあります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク