アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガー症候群の診断された子供への接し方とは?

スポンサーリンク

うつ病になりかねないアスペルガー

アスペルガー症候群という障害を持って生まれてきた人という人というのは、社会に適応できないことから引きこもりになったり、あるいはうつ病を発症することも少なくないと言われていて、なかなか厄介な側面を持っているわけであります。

もし万が一、子供がアスペルガー症候群と診断されてしまった場合、将来のことを考えたらどのように接したら良いのか分からなくなってしまうかもしれませんよね。

果たして、アスペルガー症候群の子供には、どのように接したらよいのでしょうか?

アスペルガーの子供への接し方

そもそものお話ですが、アスペルガー症候群が発展障害の一種であり精神疾患として定義されたたのは1980年代であって、それほど大昔のお話ではないんですね。

その後、色々と研究されてきたおかげで、アスペルガー症候群の人に対する接し方というものも、ある程度の指針というものが存在するわけであります。

アスペルガー症候群の人に対する具体的な接し方とは、下記のようなものになるでしょう。

・曖昧な表現を使ってはいけません
・穏やかな生活環境を提供してあげましょう
・長所を大げさなくらいに褒めてあげましょう
・特定分野に対する強いこだわりを応援してあげましょう

それでは、個々に説明させていただきますね。

・曖昧な表現を使ってはいけません・・・アスペルガー症候群と診断された子供に対して接する時、最も大切なことは絶対に曖昧な表現を使ってはいけないということでしょう。

多くの人が、当たり前のように使っているような抽象的な表現というのは、アスペルガー症候群の人にとっては理解することができないと考えるべきなのであります。ということで、話をするときには具体的な表現を使って説明してあげるようにするべきなのです。

・穏やかな生活環境を提供してあげましょう・・・アスペルガー症候群という障害を持っている人は、大人でも子供でも騒々しい場所や慌ただしい雰囲気を嫌うケースが多いことから、できるだけ穏やかな生活空間を提供してあげてくださいね。

アスペルガー症候群の子供に対して、大きな声で怒鳴ったりするような行為は絶対にNGと言えるでしょう。

・長所を大げさなくらいに褒めてあげましょう・・・どうすればやる気が出るのかというとうなことは、人によって違いはあるものの、褒められて嫌な気になる人は、まずいないはずです。それは、アスペルガー症候群の人であっても同様でしょう。

ということで、アスペルガー症候群の子供に対して、もし長所を発見した場合は大げさなくらいに褒めてあげることをおすすめします。褒められることで、それがやる気へと繋がって成長のきっかけとなる可能性が高いのであります。

・特定分野に対する強いこだわりを応援してあげましょう・・・アスペルガー症候群の人というのは、ある特定分野に強いこだわりを持って関心を示すことが少なくありません。

もしある分野に対して強い関心を示すようなことがあった場合は、それを尊重して極力応援するようにしてあげましょう。強い関心を示す分野で成功すれば、思わぬ才能が開花する可能性がありますからね。

以上のような内容が、アスペルガー症候群の子供対する接し方ということになります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク