アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガーを治すと噂のオーソモレキュラー療法の効果

スポンサーリンク

栄養療法のオーソモレキュラー療法

オーソモレキュラー療法は、オーソモレキュラー医学とか、あるいは栄養療法などと呼ばれることがありますが、この治療の方法の特徴は薬だけに頼ることなく、食事と栄養素に工夫を凝らすことで根本的に治すために行われる治療の方法になります。

要するにオーソモレキュラー療法は、栄養を補ってあげることで健康を回復させる補完代替医療であると言えるでしょう。

そしてこのオーソモレキュラー療法は、アスペルガー症候群の治療に対しても有効であるという説があるのです。

50年前から始まった治療の方法

オーソモレキュラー療法は、50年ほど前の時代に精神疾患の治療の一環として海外で静かに広まっていった治療の方法であると言われております。

私たちの体は、およそ60兆個にもなる細胞によって形作られているわけですが、これらの細胞をできるだけ多く活性化させることができれば、色々な身体的な不具合を改善できるであろうというのが、オーソモレキュラー療法の根本的な考え方になります。

かつては精神疾患の治療だけに行われてきた治療の方法だったのですが、その後、内科系の病気や癌の治療にも行われるようになってきたのであります。

日本のオーソモレキュラー療法事情

オーソモレキュラー療法と呼ばれる治療方法は、実は我が国日本においても多くの病院が採用している治療の方法でもあるんですね。

もし万が一、精神科がある病院で『アスペルガー症候群です』と診断された方が、様々な治療を受けながらも、あまり症状の改善が見られない場合は、新しい試みとしてオーソモレキュラー療法が実行に移されることもあります。

日本では、アスペルガー症候群の治療に対してオーソモレキュラー療法が取り入れられるようになったのは、それほど昔のことではありませんが、非常にたくさんの医療分野では早くから取り入れられている治療の方法でもあるんですね。

そんなことから、今後、ますますオーソモレキュラー療法は、アスペルガー症候群の治療の現場で取り入れられるケースが増えていくと予想されているのであります。

アスペルガー症候群の治療と言いますと、特効薬のような効果的な治療方法が確立されているわけではありません。

そんな中にあって、オーソモレキュラー療法は薬に頼らない治療の方法ですから、当然のことながら副作用の心配も必要ありませんので、今後はさらに注目を集めていく可能性があると言えるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク