アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガーの認知の歪みを修正する認知行動治療の効果

スポンサーリンク

アスペルガーを改善できる認知行動治療

精神疾患として定義され、発達障害の一種でもあるアスペルガー症候群は、他人とのコミュニケーションが苦手なことから社会に適応できなくて引きこもりになったり、あるいはうつ病を発症することも少なくありません。

そんなアスペルガー症候群の症状は、認知の歪みを修正する認知行動治療を施すことで大きく改善させることができると言われております。

認知行動治療では、アスペルガー症候群の悩みを抱えている方が起こす行動の背景を本人とチェックをしながら問題となっている行動を是正することになります。

残念なことに、医学が画期的に進歩している今の時代にあっても、アスペルガー症候群の症状に対しては特効薬というものはありません。しかしながらアスペルガー症候群は、認知行動治療によって克服することは可能であると言えるでしょう。

認知行動治療の具体的な流れ

認知行動治療においては、対象者が起こす行動に対して、それには必ず行動を起こす理由があるという考え方が基本になります。そしてこの行動の理由を、本人にしっかりと伝えることになります。

もし行動を起こした理由に問題がある場合には、何が問題となっているのかということを、ゆっくりとそして充分なる時間をかけて、本人に納得してもらうことで問題となった行動を例え少しずつではあるとしても減らしていくわけですね。

認知行動治療は、このような治療の流れになることから、非常にまどろっこしい時間が必要となる療法ではありますが、その分、着実に症状を改善させることができるでしょう。

認知の問題が発生する様々な原因

アスペルガー症候群の人のように認知(感じ方)に問題が発生する原因には、様々なケースがあります。具体的に例をあげて説明するとすれば、「生まれ育った環境に起因する」「人間関係に影響を受けた」などということで感じ方や考え方の柱が育ってまいります。

一度定着した感じ方や考え方というのは、それを修正することは、けっして簡単なことではないんっですね。しかしながら、本人が真剣に修正を望むのであれば、多くの時間が必要となるかもしれませんが、不可能ということではありません。

あきらめないで、コツコツと努力を積み重ねることで、少しずつ、そして着実に進捗していくことでしょう。何よりも大切なことは、継続して治療をしていくことになりますね。

ということで、アスペルガー症候群の症状を改善させるために、認知行動治療を実施することは大変有意義であると言えます。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク