アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

アスペルガー症候群の人でも運転免許取得は可能ですか?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群でも運転免許取得は可能です

アスペルガー症候群といいますと、1980年代において精神疾患として定義され、そして広汎性発達障害の一種と言われてまいりました。

このような形で『アスペルガー症候群は発達障害です』などと言われてしまいますと、当の本人からすれば、やはり車の運転免許取得はできないと考えてしまう方が少なからずいらっしゃるかと思います。

しかしながら、このような考え方は事実に基づいたものではありません。例え『アスペルガー症候群です』と診断されている方でも、車の運転免許取得は可能なのであります。実際問題として見た場合でも、車の運転免許を取得している方はたくさんいらっしゃるのであります。

アスペルガーだと難しい側面もある運転免許取得

『アスペルガー症候群です』と診断されているからと言って、車の運転免許取得が不可能というわけではありません。しかしながら、一般の人よりも運転免許取得が難しいという側面があることは間違いのないところなんですね。

なぜならば、アスペルガー症候群の人には「臨機応変に対応するのが苦手」という特徴があるからなのであります。当たり前のお話ではありますが、車を運転するということは様々なシーンで臨機応変な対応を求められることになります。

そんなことから、突発的に発生する事態に上手く対処することができなかったりしますので、実際にアスペルガー症候群の人が運転免許取得にチャレンジするにあたっては、苦労するケースが多いというのが現実でもあります。

しかし、それでもアスペルガー症候群と診断された過去がありながらも、多くの方が車の運転免許取得に成功しているという事実はあるのです。

運転する人次第で走る凶器となる車

当然のことながら、車の運転免許というのは、取得してしまえばそれで良いということにはなりません。車の運転免許を取得してから実際に、運転することにこそ危険な問題が発生する可能性があります。

なぜならば、人間が運転する車は一つ間違えれば走る凶器となるからなんですね。特にアスペルガー症候群の人が運転免許を取得して実際に車を運転するということであれば、やはり一般の人以上に細心の注意を払う必要があるでしょう。

あなたが運転する車が走る凶器となって、人の命を殺めてからでは遅いのであります。ハッキリと言わせていただくとすれば、車の運転に自信を持つことができないということであれば、ここはキッパリと諦める勇気を持つことも非常に大切なことだと言えるでしょう。

自信がないのに車を運転して、取り返しがつかない事態を迎えてからでは遅いですからね。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク