アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

自閉症かもと思ったらチェックリストで診断してもらいましょう

スポンサーリンク

先天的な中枢神経系の機能障害である自閉症

自閉症とは、先天的に中枢神経系に異常が発生した機能障害のことを言います。別の言い方をすれば、生まれつきの脳障害ということになります。

時折、自閉症のことを何らかのトラウマのようなことが原因となってカラに閉じこもり、コミュニケーション能力が欠如する病気であるなどと思い違いをしている人が少なくありません。

しかしながら自閉症は、後天的な要素は一切存在しないんですね。自閉症はあくまでも、先天性の障害なのであります。

ただし自閉症は、先天性の脳障害であることは分かっているのですが、中枢神経系に異常が発生して認知障害に至る過程の発症メカニズムに関しましては解明されていない部分が多いというのが実情なんですね。

そんなことから自閉症は、残念ながら治療の方法がないというのが本当のところなのであります。

3歳くらいまでに症状が現れてくる自閉症

自閉症は、3歳くらいまでに症状が現れてくると言われておりますが、具体的には代表的なものとして下記のような4つの症状が見られるようになるでしょう。

・対人関係のおける社会性の欠如
・著しく低いコミュニケーション能力
・想像力の障害
・異常な行動パターン

上記以外にも、「できること」と「できないこと」の落差が激しい、奇声をあげる、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の反応が独特である、睡眠障害などがあげられるでしょう。

ただし自閉症、症状には大きな個人差があることから症状が軽度の場合は、見分けることが困難なケースも少なくありません。

自閉症のチェックリスト

自閉症の疑いがある時、それを確かめるために病院ではアメリカ精神医学会診断統計マニュアル第4版(DSM-Ⅳ)が使われることになるでしょう。DSM-Ⅳのチェックリストは、下記のような内容になっております。

・コミュニケーション能力の質的障害
・意思伝達能力の質的障害
・限定的で尚且つ同じようなパターンで繰り返される行動や活動、そして興味に関する問題

上記の内容に関して、それぞれ4項目ずつのチェックリストが用意されておりまして、合計するとチェックリストは12の項目があるということになります。この12の項目に対して、6項目以上で該当する場合は、自閉症と診断されることになります。

自閉症という障害を抱えている方は、周囲の人間による理解や援助がなければ普通に生活をおくることはできません。

もし仮に、あなたのお子様が自閉症と診断された場合は、専門医の指導を仰ぎながら、しっかりと助けてあげていただければと思います。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク