アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

大人になって発覚することが多い発達障害は見た目わからないの?

スポンサーリンク

「発達障害は見た目わからないの?」という疑問

医療関係の仕事に従事しているのであればともかくとして、そうではない方たちにとって発達障害について豊富な知識を持ち合わせている人は少ないかと思います。

そんな方たちにとっては、『発達障害は見た目わからないものかしら?』などという素朴な疑問を持つ方がいらっしゃるのではないでしょうか?

なんとなく、発達障害は見た感じでわかるのではないかと思っている方が少なからずいらっしゃるかと思います。

それでは実際に、発達障害は見た目わからないのかどうか本当のところはどうなのでしょう?

大人になってから発覚することが多い発達障害

ハッキリと言わせていただくとすれば、発達障害は見た目わからないというのが本当のところなのであります。発達障害は、生まれながらにして脳の機能の一部に障害を抱えている障害なんですね。

そんなことから発達障害は、見た目では健常者と何ら変わるところがないのです。それ故に、発達障害は大人になってから発覚することが多いんですね。

それでは、発達障害の人は見た目では健常者と同じで特徴というものはないのでしょうか?

髪型や服装に少しの特徴がある発達障害

実のところを言いますと、発達障害の人は髪型や服装に少しばかりの特徴があると言われているのであります。

例えばのお話ですが、女性の場合は特に言えることですが男性にしても年頃になれば誰だってオシャレに気配りをするようになる人が多いかと思います。それに対して、発達障害の人というのは外見に対して無頓着なケースが圧倒的に多いんですね。

ただし、当然のことではありますが、健常者の中にも見た目に無頓着な人も普通にいますので、その要件だけをもってして発達障害であると決めつけることはできません。

しかしながら、やはり発達障害の人は見た目に無頓着でるという傾向が大変に濃いというのは間違いのないところなのです。

結局のところ、発達障害の人に現れる外見上の特徴といいますと、この程度のことくらいしかありませんのいで、始めて会ったというケースでは、まずわからないと言った方が良いでしょう。

コミュニケーションを取って違和感を感じる発達障害

その人が発達障害かどうかを判断するには、コミュニケーションを取るという方法が最も分かりやすいかと思います。

発達障害の人は、実際にコミュニケーションを取ると違和感を感じるものです。そして、当然、その違和感が強くなるに従って発達障害である疑いが濃厚と言えるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク