アスペルガー症候群や自閉症のチェック方法、症状、原因、治療方法やてんかんとの関係などについて取り上げます。

発達障害でもできる仕事にはどのようなものがありますか?

スポンサーリンク

合わない仕事は特に大きなストレスを受けることになる発達障害

今の時代は、昔と比べれば発達障害も世の中的にはかなり認知されるようになってきたように思います。

しかしながら、そうは言いましても、やはり一部の人たちの間では『発達障害は病気である』と思っている方が少なからずいたりします。

そんな発達障害なのですが、この障害を抱えている方が世の中を生きていくためには、大変に大きな問題を抱え込むことになります。

発達障害の人が生きていく上で、何が困るかと言ってそれは何と言っても仕事ということになるでしょう。

仕事の内容次第では、発達障害という障害を抱えている方には困難なものもありますし、仮にそれを無理を強行して続けてしまいますと大変なストレスを受けることになります。

そうはならないためには、発達障害の人は特に自分に合った仕事を選ぶことが大切なのです。それでは具体的に、発達障害の人にはどのような仕事が合っているのでしょうか?

発達障害の種類によって合う仕事に違いがあります

単に発達障害と言いましても、決して一つの種類しかないというわけではありません。したがいまして、発達障害の種類によって合う仕事に違いがあるということです。

ということで発達障害の人が仕事を選ぶ場合は、ご自身がどんな種類の発達障害なのかということを知っておくことが大切なのであります。

仮にあなたが広汎性発達障害の一種であるアスペルガー症候群ということであれば、専門性が強い仕事が向いていると言えるでしょう。

具体的な職種で言いますと、学者を筆頭として「会計士」「税理士」「司法書士」「デザイナー」「プログラマー」などがあげられます。

また、ADHDとも言われる注意欠陥多動性障害という問題を抱えている方の場合は、「刺激がある仕事」や「ひらめきを求められる仕事」などがおすすめということになります。

具体的に言いますと、「スポーツ選手」「ジャーナリスト」「カメラマン」「スタイリスト」「芸術家」「タレント」「デザイナー」「芸術家」「俳優」「漫画家」などがあげられるででしょう。

発達障害の人は避けた方が良い仕事

発達障害という問題を抱えている人は、選ぶべきではない仕事というのがあります。

例えばのお話ですが、「マイペースではこなすことができない仕事」「指示を受けることが多い仕事」「複数の人を同時に相手をする必要がある仕事」などは避けるべきです。

具体的な職業で言いますと、「接客業」「営業」「教師」「レジ打ち」などがあげられます。

当たり前と言っても良いかもしれませんが、ミスが人様の生命に危機をもたらすような仕事も止めておきましょう。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク